風俗嬢と夜這いプレイ

オプションで気付かされた自分の性癖

いつも行く風俗店で、なぜだかは分からないんですけどその日に限ってオプションを勧められたんですよ。いつもは特に何も言ってこないんですけど、お店の方針が変わったのか、それとも顔なじみには何かを勧めるスタンスなのかはよく分かりませんけど、とりあえずオプションを勧められたので、たまに割引もしてくれるのでそれならってことで電マを試してみたんですよ。とりあえず電マを知らない男子はいないでしょう(笑)風俗のオプションに用意されているとは知りませんでしたので、それで試してみたんですよね。すると、ここまで楽しいものなのかということに気付いたというか知らされたというか、むしろ新しい自分に気付かされたかもしれません。自分に手によって目の前の風俗嬢があれだけ感じている姿を見ると、何かをされるよりも興奮したんです。そこで気付いたんです。もしかしたら自分はサドなのかもしれない…。そんな思いをすることになるとはという感動ですよ。

自分の全力プレイだったなと

この前足を運んだソープでは全力を尽くしました。風俗での時間で全力を尽くすのは当たり前なんですけど、ソープでは特にその傾向が強いです。特にフィニッシュ寸前でのムーブメントは自分を抑えても意味がありません。そこは全力プレイを思い切り楽しむ場所でもあるんです。それで思い切り楽しんできたんですけど、これがまた最高でした(笑)ソープでの最後のムーブメントは他の風俗では味わえないものじゃないですか。他の風俗でのフィニッシュ寸前のムーブメントはこちらの問題ではなく、女の子側の問題なんです。こちらは受けるだけですしね。でもソープではこちらも積極的に動くことによって、こちらの快感だって高まりますし、相手の女の子がより反応してくれるようになればこっちもまた、どんどん興奮してくるという素晴らしい好循環があるじゃないですか。それが好きだからこそソープが好きなんですよね。あの興奮というのは、ソープ以外では味わえないでしょう。